私の息子は、もう赤ちゃんの頃から電車が大好き。
家の近くに線路が走っているのですが、飽きることなくいつまでも電車を眺めているような男の子です。

当然、我が家にはタカラトミーのプラレールがあります。
初めててプラレールを購入したのは2歳をちょっと過ぎてから。
実は、買ったのは私の父です。
私の息子は私の父にとって初めての男の子。
私は姉妹で、私と姉合わせて5人の孫がいますが、5人目が私の息子でした。
男の子というのが新鮮で嬉しいようで、「買ったぞ~」と事後報告があったのです。

私の息子はちょっと発達に遅れがあり、2歳を過ぎて児童心理士さんに発達検査をしてもらったところ半年遅れ。
正直、プラレールは早いのではないかと思ったのですが、息子は広げたその日から大好きになりました。

もちろん、自分で組み立てることはできません。
組み立てるのは私か小学生の娘です。

最初はつなげたレールの上を走るプラレールの車両を眺めているだけでしたが、その内車両を自分の手で動かすようになりました。
上手に動かせるようになるまでしばらくかかりましたが、2歳も後半になる頃には、随分と上手に遊べるようになりました。

2歳のクリスマスプレゼントには、高架線のレールと車両をプレゼントし、遊びの幅はますます広がることに。

ただ、大変なのは組み立てる私たちです。
朝起きると必ず息子は「プラレール作ってもい~い?」と聞いてきます。
3歳になりましたが、まだ上手にプラレールが作れません。
仕方なく、朝からプラレールのレールをつなげるのが日課になりましたが、レールのパターンが増えると、作る方もやりがいができてしまいます。
私も娘も、新しいレールの組み立てパターンを考えて、毎日凝った造りにしてしまうのです。

息子は大喜び。
特にお気に入りなのは踏切で、「ううん、ううん」と言いながら踏切の前を何度も走らせています。
息子は音鉄で、「ガタンゴトン」ではなく、実際に電車を見て自分の耳で聞いた音をリアルに再現したくて、咳払いにような効果音を自分で編み出しました。

かれこれ1年、毎日プラレールを作り続けていますが、発達のんびりの息子はようやくレールとレールをつなげることができるようになった程度。
まだまだ複雑な路線を自分で完成させるのは難しそうです。
この日課は、当分続く事でしょう。

現在6歳の男の子がいますが、3歳のころ、トミカからプラレールに移行して以来、今もプラレールで遊んでいます。

プラレールは私たちが子どものころからある人気のおもちゃのひとつで、見ている私たち親もとても懐かしく思います。また、年齢によって違った遊び方ができるので、長く使えます。

3歳のころはレールの上を走るのを見ているか、単純な線路を作って遊んだり、トンネルをくぐらせて遊んだり、車両だけで遊んでいたのが、今では考えながら、複雑なレールを組んで遊んでいます。

レールにも種類がたくさんあって、直線レール、曲線レールに加え、分岐のレール、8の字レール、高架用レール、短いレール、長いレール等、たくさんの種類があるので、大人でも自由に組むことは難しいですが、不思議と複雑なレールを完成させていきます。

きっと、遊びを通して、知らない間に、達成感や喜びを味わっているのでしょう。話が大きくなりますが、人間形成にも役立っているおもちゃである気がします。

我が家には、プラレールの他に、「プラレールアドバンス」という、従来のプラレール線路の上を、2台のアドバンス車両がすれ違うことのできるおもちゃもあるのですが、買ったばかりのころは使っていたものの、複雑なレールを組むと、プラレールアドバンスでは脱線してしまうので、最近は専ら、従来のプラレールで遊んでいます。

やはり、昔から人気のあるおもちゃには、それなりの理由があるというわけですね。

昔は、線路を作って走らせるだけであったプラレール、時代の進化に伴い、おもちゃも進化しているわけですが、小学生になった今でも、誕生日プレゼント等で、プラレールをほしがります。

今息子が狙っているのは、マスコンで操作できるプラレールです。

このおもちゃは、スマートフォンからアプリをダウンロードすれば、スマホからでも操作ができます。

コードレスで、ここまで自由に遊べるおもちゃもすごいですね。