マンション選定のポイント

4年前、私たち家族は今のマンションに引っ越しました。

その前までは田舎の一軒家に住んでいました。引っ越すきっかけになったのは母親が体調を崩し、入院することがあり、何かあった際は身内で面倒見れる所にいる方がいいという判断で決まりました。

それだけではなく、私自身も就職活動を控えており、丁度いいのではないかという面もありました。

以前住んでいた一軒家は20年近く住んでいた思い入れのある場所でしたが、デメリットもありました。それは通学や通勤に時間とお金を要する点であります。

学校や職場に行く際には時間や交通費がかかるのは多くの場合、当然ではありますが、それまで住んでいた所はさらに拍車をかけていた部分がありあました。

就職活動の際でも一人暮らしをしないのかと言われたり、距離の面で懸念されたりという事も少なくはなかったです。

以上の母親の体調と私の進路の2つの事情が重なり引っ越す決断に至りました。

私たちが今住んでいるマンションを選ぶポイントとしていくつかあります。まず、駅から徒歩10分以内の所にあるかどうかです。

今住んでいる所は徒歩10分以内の所に駅があり、駅周辺にはスーパーなど生活必需品を揃えるための施設が何か所かあります。

それだけはなく、通勤やどこかに用事がある際に電車を利用しやすい点も選ぶポイントになりました。

次に親戚がなるべく近くに住んでいるかどうかです。徒歩5分程の所に姉が住んでおり、母親に何かあった際はすぐに駆け付けれる環境にあります。

以前住んでいた一軒家だと車でも1時間近くはかかるので、以前よりも素早く対応できると考えています。

実際、重たい荷物などを運んだりする際に姉が駆け付ける機会も増えていると実感します。

他にも日照権が保証されているかです。洗濯を乾かす際に十分日が当たっているかも重要になりますし、家の中が明るいか暗いかも左右されるのではないかと考えています。

最後に町の雰囲気はどうなのかという所です。町の雰囲気が大人しいのか騒がしいのかといった所も住みやすいかどうか休まるのかも決まってくると考えています。

現在、私たち家族は今住んでいる所の大人しい所に十分満足しています。

以上の点がマンションを選定するポイントになります。リフォーム比較

マンションは一軒家と同じく、大きな買い物であり、家族が住むのに適しているのか、周囲の環境はどうなのか、生活必需品を揃えるのに困らないか、通学や通勤に支障をきたさないか、非常時に備えられる場所なのかという点は十分に考えた上で決める必要があります。後で後悔しても遅いのではないかと考えています。