2歳の女の子が言葉を覚えた「ミッフィーどうようパーティー」

私の子どもは、2歳の後半に差し掛かったというのに、周りの子どもたちに比べて少し、言葉を話すのが遅いように感じました。
それに気づいた時、軽いショックを覚えました。
ちょうど七五三の前撮り撮影があったのですが、スタジオでお姉さんの指示がよくわからず、あちこち目をそらした写真がほとんどで、親の方は費用の割にいい写真があまりなく、選ぶのに苦労した、そんな時期でした。

このまま放っておいてはいけない、来年には幼稚園に入園させないといけないのだから。
と焦る気持ちばかりが押し寄せて、凄いプレッシャーが日に日に私を襲うようになりました。
けれど、子どもの順応性って凄いものですね。

巷では将来IQが高い子は、必ず親が読み聞かせを行っていたということが話題となっていて、私もそれに負けず劣らず読み聞かせを頑張っていたのですが。
子どもの関心はどうも本ではないらしく。

たまたまそのIQの高い子の親が言葉を教えるために行っていた教育の中に、読み聞かせ以外では、音楽を聞かせていた、という文が載っていたのを見て、私もこれだ、と思い、ネットでレビューの良かった「ミッフィー童謡パーティー」を購入することにしました。

結果は、本当に買ってよかった、その一言に尽きます。
今では、もうあまりそのCDを聞きたがらないのですが、それでも、その音楽を聞かせて置けば、音に合わせて好きに歌っているし、私も一緒に歌ってストレス発散になって、と一石二鳥、いや三鳥以上の価値があったように思います。

今は幼稚園に無事入学して、毎日たのしく通っているのですが、やはり音楽に合わせて踊ることが好きで、先日も、授業参観に行ったとき、大きな声で元気よく歌っている姿が印象的でした。
おまけに、こちらのCDに入ってる曲が、ダンスの曲になっていたようで、それを見た時は、本当に驚いて、このCDに感謝せずにはいられない気持ちになりました。