3歳くらいからずっとレゴ遊び 大人になってもできる

3歳ごろからずっとレゴブロック遊びをしていますが、14歳の今も時間があるときにはレゴブロックで遊んでいます。

レゴブロックは最近、アートや算数の概念を学ぶことができる遊び道具としてとても注目されていますね。レゴブロックは無限にデザインを変えていける可能性があります。

そのデザインの種類もまた無限であるわけです。私自身は小さいころあまりブロックで遊んだ記憶がありません。

そういうことがあまり楽しいと思わなかったのかもしれません。結果、数学やアートは苦手で今もあまり得意なほうではありません。

又、Haba社のクリエイショナリーというレゴのゲームもありますが、これは、カードを引いて、その絵を見てレゴで形を作り、それを見たプレーヤーが何を作ったか当てるというゲームです。

これは、かなり難しい「タージマハール」とか、びっくりするようなものも作らないといけないので、作るほうも大変ですが、それを見て答えをひねり出すほうもとても大変です。

それでも作る人によってレゴの使い方や出来上がった形が違うので大笑いになり、おもとろいゲームです。家族でやると意外と大人がへたくそだったりして笑えます。

「なし」というカードもあったりして、そんなのどうやって作るのか?というものもあります。

最近では従来のレゴブロックだけでなく、例えばスターウォーズに出てくる宇宙飛行船を作ることができるセットになったレゴも売っていますが、あれは決まったデザインに沿って作るので想像性を鍛えるためにはあまり役立たないかもしれません。

難点はというと収納場所でしょうか。それから作った素晴らしい作品を壊したくないときには写真を撮っておくと便利です。

レゴブロックは色もビビットなので、小さな子供が色を覚えるのにも最適だと思います。一つ注意をしなければならないのは、2歳以下だと口に入れてしまうことでしょう。