後輩から、家を買ったと連絡があった

「子どもがこんなにおおきくなりました。今度ぜひ遊びにきてくださいね。家も買ったので」と写真付きで連絡がきた。

子どもは旦那さんによく似ていた。家は建売住宅で、郊外にある十分な広さの綺麗な家だった。

わたしはこの後輩がなぜか苦手だ。仕事をしているときに「わたし頑張ってます」感を出す子だなあとは思っていた。

朝も誰よりも早く来て、終電まで一生懸命パソコンと向かい合っていた。彼女がうつで休職することになった時は何故周りが仕事を代わってあげられなかったのか問題になった。

周囲のサポートが足りてなかったのでは?と会議も開かれた。結果、後輩に任せていた仕事量はわたしや他の人でカバーしたが、そんなに無理をしなけてばできない仕事量だったのか疑問に思った。

でも個人差があるだろうし、慣れていなかったせいかもしれない、後輩は頑張りすぎてしまったんだと思いながら仕事をすすめた。

シェア畑が趣味に

休職明けに後輩は「さ来月に結婚式をすることになったんです。ぜひ来てください」と言ってきた。びっくりした。

後輩はうつで休職中だったはずなのに、妊娠をして、結婚式の準備を進めていたようなのだ。相手は会社内の人だった。よくわからなかった。

つい2,3年前に産まれた、年もそんなに変わらない後輩がなにを考えているのかさっぱりわからなかった。

後輩の結婚式は、彼女が好きだというキャラクターに囲まれて、彼女がほとんど主導権を握って進めたんだろうなと思うような結婚式だった。彼女はとても幸せそうだった。

後輩は会社を辞めたが、いまでも定期的に「わたし幸せです」というような連絡が来る。会いましょう、遊びましょうと。わたしが後輩を妬んでいるだけなのかもしれない。

わたしは今賃貸に住んでいるし、結婚もしていない。家を持つほどのローンを組む自信もまだない。

だから彼女のことが苦手なのだろうか。

キッチンのこだわりが大きい家は高額になる

 

 

テレビで、料理研究家の自宅を見ました。新築ではありませんでしたが、一戸建てで、全体的にきれいでした。何よりも、注目したのが、キッチンです。キッチンは、IHではなく、五徳でしたが、普通のガスコンロではなく、コンロ天板から上に出ているタイプで、掃除がしやすい設計でした。

 

ガスコンロは、丸いくぼみの所にごみが落ちてしまい、焼き焦げてしまうので、このタイプのデザインは、とても羨ましく拝見しました。

丸いくぼみと、ガスが出る部分は、黒く焦げるのが当たり前の設計で、なんだか汚れているようにも見え、いつも気になっていました。料理研究家は、使いやすいキッチンを何気なく使いこなし、格好良く見えました。

キッチンは、住宅の規格の中でも、既製品が多く、それを使うのが当たり前のように思われていますが、最近は、自由なんだなあ、と感じました。キッチンの高さ、ユニットの位置など、こだわりが入れられる家って、素敵です。

野良猫が嫌がる音

キッチンメーカーの設備担当の友人がいるので、どういうものなのか尋ねると、「それは特注で、管轄外」と言われてしまいました。田舎の設備やの答えそうなことだと、あきらめましたが、こんなことで憧れは消えず、本屋で住宅関係の本を見ていると、新築用の情報誌に、大きく載っていました。キラキラのガスコンロは、天板がタイルのものもあり、とてもきれいでした。

耐熱の条件があるので、構造にも規定が出てしまうのは分かりますが、日本のメーカーは、いつも同じ形のユニットを作ってしまいます。キッチンは、料理の時に楽しくなるような美しいデザインや、メンテナンスしやすいIHなど、海外品は見ているだけでも楽しいです。

リフォームでも、多くの方が手を入れたいけれど、入れにくいのがキッチンです。もっと簡単にお安く修理・改造ができるようなキッチンに出会いたいです。キッチンは、使いやすければ、大きなスペースは必要ないです。ドラマに出てくるような、イタリアマンマのキッチンは、こじんまりしています。

浮気を繰り返す夫と離婚を決めるまで
【幸せなはずの新婚生活が一変、浮気が発覚】

私の夫(元夫)の浮気が発覚したのは、結婚して1年が経った頃でした。

きっかけは、夫の浮気相手の1人からかかってきた電話でした。突然かかってきた電話の相手は緊張した声で「私だけじゃないですよ、奥さん」と言いました。

愕然としました。でも、考えてみたら思い当たることばかり。。職場から帰宅しても急に出かけて行ったり、携帯電話の料金が急激に増えたり、急に外泊したり。

元夫は医師でしたので、急な外出や外泊など、不審に思うことがあっても、患者さんの容体が悪いのだろうと私は自分に言いきかせていたのです。

電話の相手は、浮気相手は自分以外にも3人いると話しました。

【もう一度やり直すことを決意】

夫を問い詰めると観念したように全てを認めました。「1人をのぞいては、体のみの付き合いだから」そう説明する彼が知らない人のように見えたのを覚えています。

どうやら、私に電話してきた女性が夫の言う「1人」のようでした。自分以外の女性とも恋愛関係にある夫のことが許せなくなったというのです。

夫は、「別れたくない。やり直して欲しい」と泣きながら懇願しました。

私は、1ヵ月ほど悩みましたが、夫とやり直すことを決めました。今思えば、私の両親に対する思いが、やり直すと決めた1番の理由でした。

つい最近、娘が幸せになると信じて、笑って送り出してくれた両親。。簡単に離婚を決意することはできませんでした。

夫の両親は不仲で、義父には20年来の愛人がおりました。夫は子どもの頃から、そんな義両親の姿に苦しんできたそうです。

私は、カップルカウンセリングを受けることを条件に、もう一度やり直すことを元夫に告げました。夫は了解。2人で2週間に1回のカウンセリングに通うことになりました。

【良い妻になろうとした私】

まず、夫を責めることを一切やめました。毎日お弁当を作り、笑顔で送り出しました。帰りが遅い時、不安になることがあってもそんな姿は見せませんでした。

夫の浮気の話やカウンセリングを受けている話は、誰にもしませんでした。両親を悲しませたくなかったですし、夫のことを守りたかったので。

当時、1番辛かったのは義母から「赤ちゃんはまだ?」と催促されることです。性交渉はありましたが、ただただ、また浮気されるのではないか、という恐怖から逃れる為の行為でした。

不眠になり、体重が激減しました。

手汗を止める方法

【また浮気が発覚して】

そんな生活が半年程続いたある日、また夫の浮気が発覚しました。

3分の1まで減っていた携帯電話の料金が、急に増えたのです。朝食を食べながらその事を伝えると、夫はうつむきました。

浮気相手の1人とよりを戻していたのです。
許せませんでした。「なぜ、私と結婚したの?」と泣きながら詰め寄りました。その時、生まれて初めて本気で人を殴りました。その瞬間、私は離婚を決意しました。

【弁護士に相談、公正証書を作る】
慰謝料等、夫はこちらの条件を全てのみました。私にも意地があったので、弁護士を通じて、夫の浮気相手にも慰謝料を請求しました。軽自動車が買える程度の金額です。(そちらも夫が支払ったようですが)

夫から「短い結婚生活に関しては、破格の慰謝料」を受け取った私は、そのお金を使い、専門学校に入学しました。今は、その学校でとった資格をいかし働いています。

【離婚を経て】

これから離婚なさる方は、計画的に行動されることをおすすめ致します。
私は、何度も自分に「悲しむことは後でも出来るのだから、今は賢く立ち回らなくては」と言い聞かせました。汚い話ですが、謝って貰っても、今更何にもならないのですから。
お子さんがおられる方は特に、賢く動くことが大切かと思います。改めて言うまでもなく、専門家に相談することが、何よりも有効です。

離婚から10年が経ちました。未だ私は独身です。もちろん、子どももいません。心配してくれている両親に対しては申し訳ないと思うこともあります。

でも、私は今、幸せです。離婚を後悔した事は1度もありません。

母からの電話

ある日母から電話があった。「お父さんがね、売りに出た隣の土地を買って、兄夫婦と二世帯住宅に建て替えるって言うの、どう思う?」

あまりに突然だったので、「誰がローン組むの?」と変な返事になってしまったのだか、とっさに頭の中では、お父さんはもう65歳だしローンは組めない、兄は年収400万だし、どう考えても土地を買って大きな二世帯住宅を建てるのは不可能なのではないかと考えた。

返ってきた返事は「半分は現金で出して残りはお兄ちゃんがローン組むって、二人で盛り上がっちゃって」

脱毛のコツ

特に反対する理由もないが、母は前から子供たち夫婦との同居は考えられない、息苦しくて辛いと言っていたので、遠回しにやめさせて欲しいのだと気が付いた。

「そうねぇ、いくらで売りに出てるの?」と聞くと「2000万よ」
その時点で反対する理由が出来た。と言うのも相場からかけ離れ過ぎている。

実家は田舎で駅から徒歩20分、坪30万程で40坪、お隣もほぼ同じ条件とすると、1200万がいいところだ。

しかも、値のつかない古さの上物もある。取り壊し費用など考えると2000万なんて到底すすめられる買い物ではない。

早速その事を父に話すとそれまでの経緯を話始めた。

「お隣さんは娘夫婦の住んでいる近くにマンションを買って引っ越したいらしい。その為にはこの金額は譲れない、隣の土地なんて滅多に売りに出ない、買いたいときがチャンスだ、兄も乗り気だ」と楽しげに話す父には少し可哀想な気がした。

しかし「そんなにこちらはこの土地がどうしても欲しいんですアピールしたら思う壺だよ、何も隣に二世帯じゃなくてももっと便利な立地で相場に似合う、むしろお買い得な物件を探してからでも遅くないんじゃない?兄は一回住宅ローン組んだら簡単にはやっぱりやめてこっちにしますとはいかないよ、ゆっくり探しても多分お隣売れないよ」

そして、冷静になって下さいと兄にも連絡をした。

後日、「二世帯住宅は無くなりました」と連絡が来た。ほっとした様子の母。

因みにお隣は結局数年売れずにマンションへの引っ越しを諦め、いまだに住み続けているそうだ。

前住んでいた家が売却された
以前住んでいた家が売却されたのを知り、少し寂しい気持ちになりました。10年ほど住んでいた家だったのですが、電車が横を通るような立地で砂埃がすごくて、出窓はすぐに真っ黒になるような家でした。

また家の前をよく車が通るのでそれの誇りもひどく妹はアレルギーからか、くしゃみがひどくて大変でした。事故もよく揺れる家だったのでビクビクして過ごしていました。

ですが、10年も経てば愛着もわいていて、駅から近かったので便利ではありました。その家を引っ越そうと決めたのは階段があったからです。

一戸建てのような間取りだったのですが、実際に住んでいたのは2階部分で1階部分は他の方が住んでいて、二世帯のような構造ですが、中は繋がっていないという仕組みです。

引越しをすることにした理由は、母が足を悪くして階段を上り下りするのが困難になったため引越しをすることになりました。

体重を増やしたい

もちろん、一戸建てはもう住めないので、マンションで探すことにしましたがエレベーターがついていない家は無理だし、ペットも飼っているので、ペットが飼えて尚且つ、エレベーターがついている安い物件ということで探すのも大変でした。

中々条件に合うところがなくて、ペットを諦めるかなど、いろんな案を検討したのですが、やっぱりペットも一緒に住めるところがいいということで、少し駅からは遠いのですが良いマンションに巡り合うことができて引越しをすることになったのですが、以前の住んでいた家はまだ売りに出ている状態で、その家を見るたびに思い出が蘇ったりしていました。

売り出しの張り紙がされていていつ売れるのだろうかと思っていましたが、売れたのを見るとやっぱり寂しい気持ちになりました。

今も、以前の家の前を通るときは良い人が住んでるといいなと思いながら通っています。

今月は一年で一番お金がない時期です。あれもこれも出費が加算してとても大変です。
固定資産税に自動車税(我が家は二台分)国保税に自動車保険(これも2台分)しかも2台とも一括払い。分かっている事だからこの分を一年かけて溜め込んでいたけれど、いざ支払う時になるとお金がない…苦しい…払いたくない。
税金税金生きているだけでこんなにもお金がかかるのか!物を買っている訳では無いので勝手にお金が抜けていく感じでとても嫌ですが、税金を払うのは義務!仕方がないのでしっかり納税いたしました。お陰で貯金がまた無くなり、来年の税金分をまたため始めなければいけません。毎年毎年同じ事の繰り返しで嫌になってしまいますが、生きている限り頑張って納税します。
先日国保税の事で電話がきました。
去年旦那が転職をし3ヶ月間(試用期間)社会保険ではなく国民健康保険に加入して下さいと言われ、夫婦揃って国民健康保険に加入していたのですが、私は扶養に入っていた為国民健康保険税がないのもだと思っており、旦那の国民健康保険税のみを支払っていて、支払い終わったと思ったら、今度は私のが来てなんで今更?どういう事?と思いながら、毎月一枚ずつ支払っていたのですが、今月は固定資産税に自動車税でかなりの出費だったため、私の国民健康保険税を来月の支払いに回したのですが、その事で国民健康保険税の管理の方から電話が来まして、「今月分支払われてませんが、支払う気が無いなら差し押さえいたします」と言われました。毎月、しっかり払っていて今月だけ見逃しただですし、支払期限もすぎてないのにその言われよう。あり得ないと思いませんか?なぜそんな事を言われなければいけないのでしょうか?

我が家は2歳の娘と夫と私の3人家族なのですが、子供はまだ小さいので保育園に入れず私が一日中家で面倒を見ているので、私は働く事が出来ず旦那の稼ぎだけで生活をやりくりしているため、生活に余裕など有りませんし私が自由に使えるお金など殆どございません。なので一生懸命節約をしてほんの少しでも生活に役立てるように日々頑張っています。
例えば電気代の節約!オール電化に取り替え蓄電池を着け、太陽光発電ソーラーを設置してとことん電気代を安くしましたし、太陽光発電で発電した電気を売電して収入を得ていますし、使う電気もかなり節約しています。洗濯機や電子レンジ、炊飯器など普段使えけど24時間使用するものでないものはコンセントを抜き無駄な電力を使わないようにしています。こうして月々の電気代を2000円まで抑えました。これで少し節約出来ています。

子供がいても働けるそんな当たり前の事が出来ない世の中の今、素晴らしい職場に出会いました。子供を連れて仕事をする事ができるママさん応援職場なのです。
普通に仕事するには子供を保育園や託児所に入れて働かなければならないのですが、預ける金額が高いので何のために働くのかと思っていたのですが、子供と一緒に仕事が出来るなんてさいこうです。託児料金が持っていかれない分まるまる手元にお金が残るので素晴らしいです。
そう思い、すぐさまその職場に連絡をして面接をしていただき先日仕事の体験をして来ました。自家用車にパンを積んで決められたところでパンの販売をする!といった仕事内容なのです。毎日違ったルートで違うお店にパンを売りに行って一週間後また同じルートに戻って販売するので、お客さんとも顔見知りになりたわいも無い話ができる様になるみたいです。
お金がない、子供が小さい母親にはもってこいの仕事だと思いました。

もう3年になるでしょうか。
産後、子どもが生まれてすぐに離婚しました。
私も結婚前少し浮かれていたのかもしれませんが、子どもが生まれて彼がこんなにも手伝いをしてくれない男性だとは知りませんでした。
それでなくても、お互いの両親とは離れた都会での生活、夫婦が協力し合わなくてはならなかったのに。
そして、私もどうしても夢実現のため、働き続けたいという意志は固かったのです。
残念ながら、別れてしまって、子どもには、これから先迷惑をかけることもあるかもしれません。
今でも、近くの、人気幼稚園は、ママ友づきあいが厳しいとかで諦めざるを得ませんでした。
正直に言うと、私は、フルタイムで働いているので、金銭面での余裕はある方だと思っています。
でも、人気の幼稚園のママ達は、夫が一流企業に勤める方等の世間一般で言う上流階級の方ばかりなので、夫や家庭への詮索が凄いのです。
私は私立女子高出身なのですが、今でもたまに会う友人たちに、離婚や子どもの事を聞かれると、嫌な気持ちになることもあります。
子どもに、お金で不自由をさせるのはかわいそうだと思うから、今はとにかく仕事もしていますが。
さて、結局通い始めた幼稚園ですが、たまたま、勤務先の先輩の勧めで、人数が少なくある程度教育面でも充実した幼稚園があったので、
そこに入園させることにしました。
けれど、こちらも結構高額になります。
実は、私が仕事に専念したいため、子どもには小学校を受験させようかとも思っています。
その時、シングルマザーというのが足かせにならないといいのですが・・・。

私は、今年31歳になります。半年前に相手の浮気が原因で離婚しました。子供はいませんでした。
職場は、上司には伝えざるを得なかったため、書面で伝えましたが、周りの同僚には全く話していません。
離婚率の高いこのご時世ですが、私の職場には離婚経験者はおそらくいないため、”離婚”を身近に感じている人はいないように思います。
そのため、話すことができないまま半年がたち、むしろ、永久に隠し通そうとさえ思うようになりました。

私の周りには、家庭などの個人的なことについて細かく聞いてくる人はほとんどいないのですが、
ずっと、普通に夫婦二人で住んでいる設定にしつづけています。

そんな生活になり半年。
最近、職場で演じている自分と、帰宅してから一人で寂しく暮らす自分のギャップに苦しく感じるようになりました。
時間が解決してくれるとは言いますが、本当でしょうか。

2カ月ほど前、寂しさの余り、新たな人生を始めようと、お見合いパーティーに行きました。
しかし、年齢は31歳。微妙な年齢なんですよね。

離婚経験者向けの婚活イベントもありますが、そういうイベントでは30代後半~40代がメインで、31歳は一番若い部類。全然上手くいきませんでした。
一方、普通のお見合いパーティーに行くと、離婚歴についていろいろ聞かれたりして、疲れる一方。

離婚歴のない人からすると、離婚歴がある人が混じっているとは予想もしないのでしょうか。「離婚歴あり」と気づかない方も多くいます。
この場合、連絡先を交換した後が大変になります。「そんなこと聞いてなかった」と。書いてあったと言っても、「ちゃんと言ってほしかった」
そんなことばかりで、新たに人と知り合うのも大変に感じています。

これも時間が解決するのでしょうか。毎日考え続けています。

 

私の息子は、もう赤ちゃんの頃から電車が大好き。
家の近くに線路が走っているのですが、飽きることなくいつまでも電車を眺めているような男の子です。

当然、我が家にはタカラトミーのプラレールがあります。
初めててプラレールを購入したのは2歳をちょっと過ぎてから。
実は、買ったのは私の父です。
私の息子は私の父にとって初めての男の子。
私は姉妹で、私と姉合わせて5人の孫がいますが、5人目が私の息子でした。
男の子というのが新鮮で嬉しいようで、「買ったぞ~」と事後報告があったのです。

私の息子はちょっと発達に遅れがあり、2歳を過ぎて児童心理士さんに発達検査をしてもらったところ半年遅れ。
正直、プラレールは早いのではないかと思ったのですが、息子は広げたその日から大好きになりました。

もちろん、自分で組み立てることはできません。
組み立てるのは私か小学生の娘です。

最初はつなげたレールの上を走るプラレールの車両を眺めているだけでしたが、その内車両を自分の手で動かすようになりました。
上手に動かせるようになるまでしばらくかかりましたが、2歳も後半になる頃には、随分と上手に遊べるようになりました。

2歳のクリスマスプレゼントには、高架線のレールと車両をプレゼントし、遊びの幅はますます広がることに。

ただ、大変なのは組み立てる私たちです。
朝起きると必ず息子は「プラレール作ってもい~い?」と聞いてきます。
3歳になりましたが、まだ上手にプラレールが作れません。
仕方なく、朝からプラレールのレールをつなげるのが日課になりましたが、レールのパターンが増えると、作る方もやりがいができてしまいます。
私も娘も、新しいレールの組み立てパターンを考えて、毎日凝った造りにしてしまうのです。

息子は大喜び。
特にお気に入りなのは踏切で、「ううん、ううん」と言いながら踏切の前を何度も走らせています。
息子は音鉄で、「ガタンゴトン」ではなく、実際に電車を見て自分の耳で聞いた音をリアルに再現したくて、咳払いにような効果音を自分で編み出しました。

かれこれ1年、毎日プラレールを作り続けていますが、発達のんびりの息子はようやくレールとレールをつなげることができるようになった程度。
まだまだ複雑な路線を自分で完成させるのは難しそうです。
この日課は、当分続く事でしょう。