4年前、私たち家族は今のマンションに引っ越しました。

その前までは田舎の一軒家に住んでいました。引っ越すきっかけになったのは母親が体調を崩し、入院することがあり、何かあった際は身内で面倒見れる所にいる方がいいという判断で決まりました。

それだけではなく、私自身も就職活動を控えており、丁度いいのではないかという面もありました。

以前住んでいた一軒家は20年近く住んでいた思い入れのある場所でしたが、デメリットもありました。それは通学や通勤に時間とお金を要する点であります。

学校や職場に行く際には時間や交通費がかかるのは多くの場合、当然ではありますが、それまで住んでいた所はさらに拍車をかけていた部分がありあました。

就職活動の際でも一人暮らしをしないのかと言われたり、距離の面で懸念されたりという事も少なくはなかったです。

以上の母親の体調と私の進路の2つの事情が重なり引っ越す決断に至りました。

私たちが今住んでいるマンションを選ぶポイントとしていくつかあります。まず、駅から徒歩10分以内の所にあるかどうかです。

今住んでいる所は徒歩10分以内の所に駅があり、駅周辺にはスーパーなど生活必需品を揃えるための施設が何か所かあります。

それだけはなく、通勤やどこかに用事がある際に電車を利用しやすい点も選ぶポイントになりました。

次に親戚がなるべく近くに住んでいるかどうかです。徒歩5分程の所に姉が住んでおり、母親に何かあった際はすぐに駆け付けれる環境にあります。

以前住んでいた一軒家だと車でも1時間近くはかかるので、以前よりも素早く対応できると考えています。

実際、重たい荷物などを運んだりする際に姉が駆け付ける機会も増えていると実感します。

他にも日照権が保証されているかです。洗濯を乾かす際に十分日が当たっているかも重要になりますし、家の中が明るいか暗いかも左右されるのではないかと考えています。

最後に町の雰囲気はどうなのかという所です。町の雰囲気が大人しいのか騒がしいのかといった所も住みやすいかどうか休まるのかも決まってくると考えています。

現在、私たち家族は今住んでいる所の大人しい所に十分満足しています。

以上の点がマンションを選定するポイントになります。リフォーム比較

マンションは一軒家と同じく、大きな買い物であり、家族が住むのに適しているのか、周囲の環境はどうなのか、生活必需品を揃えるのに困らないか、通学や通勤に支障をきたさないか、非常時に備えられる場所なのかという点は十分に考えた上で決める必要があります。後で後悔しても遅いのではないかと考えています。

7年くらい前、一人暮らしをしたくて、近くの不動産屋さんに相談に行きました。

私の希望する条件として、家賃が5万円以下であることと、職場から近いワンルームを探していました。不動産屋さんに私の希望を話して、希望に合った物件を一緒に探してもらいました。

わりと親切な不動産屋さんで、私の希望に当てはまる物件を10件くらい紹介してくれました。

初めに、物件の間取り図を見せてくれて、いろいろ説明して下さいました。「この物件はロフトがついていますよ」とか「この部屋はかど部屋なので、窓が2つあります」といった感じで、一つ一つ丁寧に説明してもらえたので、助かりました。

一旦、家に帰り、紹介してもらった物件について、立地や間取り、家賃や築年数、周辺環境をよく検討してみることにしました。周辺環境を知りたくて、物件の近くまで、実際に行ってみたり、通りがかった時に、外から眺めたりもしました。シロアリ駆除費用

考えてみた結果、3件ほど気に入った物件がありました。

10日後、不動産屋さんを再度訪ねました。「考えた結果、3件ほど気に入った物件がありました」と伝えたところ、「じゃあ、実際にその物件を見に行ってみましょう」ということになりました。

真夏の暑い時で、不動産屋さんは、流れる汗をハンカチでぬぐいながら車を運転して、見学に連れて行って下さいました。

1軒目は、8階建ての高層マンションの中にあるワンルームでした。新しい物件でしたが、少し狭かったです。

2軒目はエレベーターがなく、階段で上がっていき、2階にあるワンルームでした。6畳ひと間に、古いキッチンとお風呂がついていました。古いのが気になりました。

3軒目は、最新式のデザイナーズマンションのワンルームでした。新しくてきれいでしたが、クロゼットがなく、その分ロフトがついていました。

実際に中に入ってみないと、風通しや日当たりが良いかが確認できないなとわかりました。それに、同じ6畳でも、家具の配置によって狭く感じたり、またその逆もありました。

物件を選ぶ上で、見学に行くことは、とても大切だとわかりました。

結局、この時見学したものとは全く別の物件に入居しましたが、この時の経験が後の物件選びに役立ちました。

我が家は、今借家に住んでいます。家を購入したいとずっと考えていて、子供たちの学校のこともあり校区内で探しています。
先日、長い間空き地だった土地に、建売住宅ができました。以前は広い一軒家でしたが、引越しをされ、家を取り壊して土地だけが残っていました。1件分の土地に3件家が建ったのです。正直狭そうでした。日当たりはまあまあでしたが、隣の家との間隔が狭すぎます。完成した家の中を見たかったのですが、近所の目もあり見学できませんでした。
値段的には、2,000万円前後で手が届く範囲でしたが、もう少し広い家が欲しいです。駐車場は2台ずつ止めることができます。これは便利だと思いました。
売り出しをして、思っていたよりも早めに売れていきました。売れないと、どんどん金額を下げていきました。1ヶ月以内には3件とも売れてしまいました。入居するのも早かったです。
金額は、3件違う金額で売り出していました。家の造りや広さはほとんど変わりません。最初は、一番日当たりが悪そうな真ん中の家が安く、すぐに買い手が決まりました。道路側の家も決まり、反対側の家が最後に決まりました。通信制高校比較
最終的には、道路と反対側の家が真ん中の家よりも値を下げて売りに出されていました。買うタイミングが数日違うだけで、数百万円も値下がりをしていました。
我が家が買ったわけではないので関係ありませんが、近所の方は売れた金額を知っています。いくらから始まって、いくらで売れたのか話をしているのを聞いて怖くなりました。
今度家を買うときには、買うタイミングも気を付けたいと思っています。数百万円の差は大きいです。家具をそろえたり、ローンを組む金額も変わってきます。人気のある物件は早い方がいいと思いますが、住宅街の一角にできた新築の一戸建てはわかりにくく、じっくり考える時間があってもいいみたいです。
我が家はまだまだ考え中です。

田舎から上京してきたのはいいものの、住んでいるのは決してオシャレでも綺麗でもないふるーいマンション。

せっかく都会に出てきたのだからオシャレで洗練された生活がしたい!綺麗なマンションに引っ越したい!と思うのが人情では?・・・

とはいえ、ドラマに出てくるような「それ、家賃いくらよっ!?」と思わず突っ込みを入れたくなるような広くて綺麗でオシャレな部屋なんて、実際問題絶対お高くて借りられないというのも分かってる。分かってるけど・・・

やっぱり良い物件が見つからないか、気が付くと不動産屋さんのチラシを見ていたり、お店に張られたチラシを眺めたり、ヒマがあるとお部屋探しのサイトを見ていたり・・・それもまた事実なのだ。シロアリのリスクもないしね。

こんな部屋に住みたい、そして家具はこんな家具を置いて・・・じゃあ家具のお店も見ないとね!壁紙の模様は・・・と、楽しい想像だけはどんどん膨らんでいく。

しかし現実はやっぱり甘くないのであった(当然だ)。

設備も古いし綺麗じゃないから中古マンションは嫌、新しくて広いマンションに住みたい!

とは言ってもはばまれるのは家賃の壁。

駅の近くに建っているような立派で綺麗なタワーマンション、○○駅の近くに新しく建つんですって、うわあ良いなあ・・・と建設中のタワーマンションとなんだか壮麗な完成図を横目に、興味ありませんよなんて素振りで通り過ぎる日々。

うーん、一度でいいから駅前の立派なタワーマンション、その最上階に住んでるんですよ!なーんて言ってみたい。

綺麗で広くて立地も便利だ。生活の拠点になる場所だから、どこのどんなマンションに住むかってやっぱり大切だと思う。

帰宅したら安らげて、また頑張ろうって思えるような場所じゃないとね。そう、どんな場所に住むかっていうのも大切なのだ。

服装や髪型、装身具だけではなくてね!

しかし・・・家賃のためだけにお給料を使うわけにもいかないというのも、これまた事実なのだ。